たまじろうとチョコレート工場

先日、いつもと違う時間にトレーニングしました。
午後1:00ぐらいからだったと思います。
コースはいつもと同じで、瀬戸川の土手を河口から藤枝に向かって走ります。
走り始めて40分ぐらいかな、なんか甘い香りがしてきました。
チョコレートの香りであることはすぐわかったのですが、食べたことのあるような記憶が……
「アポロチョコレートだ!この苺の風味がするチョコレート味は!」
この香りはどこから?
「瀬戸川の対岸には明治製菓の工場があったんだった。」
小学生の頃、社会科見学で行ったのを思い出しました。
明治製菓の工場で作っているアポロチョコレートの香りが瀬戸川の対岸まで流れてきたのでした。
この時間は毎日香るんでしょうか?カールの日もあったり。
チョコレートを体験している間はそれに集中して、息も苦しくないし足も痛くなかったです。
距離にして500mぐらいの間隔だったと思うけど、懐かしく不思議な感覚でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です