走ることについて語るときに僕の語ること

村上春樹氏の本です。
か~しむ、か~しむノルウェイの森を読んで以来、村上春樹の本は読んでいませんでした。
それが自分が市民ランナーとなったことでこの本に巡り会えました。
共感できる部分がたくさんあり、参考になることもあり、いい本でした。
それにしても四半世紀も走り続けているってすごいなと思いました。
自分なんてまだ2年ですよ。
いつか一緒のレースを走ってみたい!そんな魅力があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です