大会を振り返って【シューズ編】

大会後の筋肉痛、関節痛もだいぶ治ってきました。
あとは右膝の故障だけです。
さて、チャレンジ富士五湖を振り返ってみたいと思います。
まずはシューズについてです。
走歴2年で最近の練習&大会シューズはニューバランスのRT902でした。
今回初のウルトラマラソンということでクッション性安定性重視でM965を買いました。
M965を店で履いたときは問題なくいい感触でした。
でもM965を履いてトレーニングしたときに右膝が痛くなってしまいました。
RT902ではこんなことはありませんでした。
理由は走り過ぎかなとか考えたけど、いろいろ考えた結果シューズが合わなかったみたいです。
RT902で走ると痛みがあんまり出なかったからです。
大会本番はRT902で走り完走できました。

【結論】
シューズの選択はほんとうに難しい。
店で履いて良い感触でも実際走ってみると違ったりする。
人の足は千差万別でクッション性のいい靴が膝にやさしいとは限らない。
サイズ表示は同じでも履いてみるとシューズによって感触が全くちがう。
自分にはかかとが高すぎるシューズは合わないらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です