大会を振り返って【ウェア編】

シューズに続きウェアです。
今回はだいたい半分ぐらいの人がサポートタイツを着用していたと思います。
もうランナーにサポートタイツは必需品になっているんじゃないでしょうか?
ワコールのCW-Xやスキンズが多かったでしょうか。
僕自身もスキンズ着用しました。
寒さ対策でウインドブレーカーの下も着てスタートしました。
着替え地点でそれを脱ぐ作戦でした。
でも今回は後半歩いてしまったので日陰に入ると寒くなってしまいました。
あとウエストポーチの中に食料やデジカメを入れましたが、デジカメを使う元気は前半だけで、食料もエイドが5kmおきにあったので必要なかったかもしれません。
帽子とサングラスは日よけだけじゃなくて集中力を保つ意味で必要だったと思います。

【結論】
サポートタイツの効果はあり。
ウルトラでの着用率高い。
当日の天気によって対応が変わるのであらゆる条件に対応できる準備をしなければいけない。
歩くとすぐに寒くなる。
帽子とサングラスは必需品。
ウエストポーチの中身はあまり重くならないように。
食料はあまり必要なかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です