継続すること

チャレンジ富士五湖からもう一週間が過ぎていますが、改めて大会プログラムを読んでみました。
大会当日は読んでいる余裕はありませんからね。
この大会のきっかけは、間寛平さんがギリシャスパルタスロンに出場するためのトレーニングコースとして作ったそうです。
第一回大会の参加者は13人。そのうち完走は1人。寛平さんは80kmでリタイア。
そして20年の時が流れ……
今回の大会は2,600名が参加。延べ、20,512人のウルトラランナーを迎えたそうです。
この話しを知って、何かを継続することって大切なことだと改めて思いました。
最初は不安でもやりたいことを始めてみる。
そして方向性が間違ってなければ、賛同する人も増えるし時代も後からついてくる。
アースマラソンに挑戦するぐらい凄い寛平さんが最初は80kmでリタイアっていうのも考えさせられる。その後も継続してトレーニングしてきたからアースマラソンがあるんだろう。
自分もまだ72kmのビギナーだけど112km目指して頑張りたい。
思い返せば、走り始めた頃はランニングマシンで5分も走れない自分がいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です