大阪マラソンまでのトレーニング

前回の記事で掛川新茶マラソンと大阪マラソンのタイムを比較してみました。
なぜ、このように違う結果になったのか検証してみたいと思います。
まず、掛川が終わった時点で思ったこと。
●筋力が足りない
●長距離を走る練習が足りない
●体重が重い
以上の3つが問題ではないかと思いました。
そこでまず、筋トレを始めました。
スポーツクラブに本格的に通い始めました。
ここでは、主に体脂肪率を下げる目的で筋トレしています。
今の体脂肪率は18%です。掛川のころは20%越えてました。
次に長距離を走る練習ですが、長距離=長時間が必要。
なかなか時間がとれない。でも時間はみんなに平等、だから作らないと!
ということで今年の夏はかなり早朝から朝練しました。
早い時は5時起きとか。
スピードはゆっくりですけど長時間走りました。
いわゆるLSDです。だいたいキロ7分半でした。
最長4時間ほど走り続けました。
距離の最長は36kmぐらいでした。
とくに9,10月はほぼ毎回20km以上のランでした。
最後に体重を減らす問題です。
これが個人的には一番の難問でした。
食べることが大好きだし太りやすいし……。
結局今回も掛川と比較して1kgぐらいしか痩せられませんでした。
現在174cm 71kgです。デブー!
まぁ、こんな感じですがそれでも大幅に記録が更新できた一番の要因は長距離トレーニングだと思います。
LSDは効果ありますよ、きっと。
後半失速してしまう方には特におすすめです。
膝から下だけは足細くなった感じするし。
11/20に新東名のマラソンがありますけど、もうあんまり日がないです。
でも3回ぐらいは走ろうと思ってます。距離は25km以上で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です