失敗から学ぶ・・・食について

焼津みなとマラソンでの惨敗の原因を検証します。
今後同じ失敗をしないように。
失敗したこと。
1、走ってる途中でお腹が空いてしまった。
2、左足の爪(人差し指)が内出血。
マラソン大会でお腹が空いて走れなくなったことは今まで一度もありませんでした。
今回なぜ空腹になったのか?
朝食は毎日同じメニューです。駿府マラソンの日と焼津みなとマラソンの日は全く同じものを食べました。
シリアル、ヨーグルト、ヤクルト。
だから食事内容が問題ではないと思われる。
駿府マラソンのスタートはAM10:00
焼津みなとマラソンのスタートはAM11:00
この1時間のスタート時間の差が原因ではないだろうか?
ハーフで2時間かかるとして、駿府マラソンなら12時までに終わるけど焼津みなとマラソンだと1時になる。
やはりスタートが遅いぶん、朝食も遅めにした方が良かったと思う。
運動すると食の大切さについて改めて思い知らされます。
人間が動くには食べないとダメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です