STY試走の感想

試走したことによって気づいたことがいくつかあります。
(私のようなトレラン初心者で完走目的のランナーの場合の話しです。)

  • ハイドレーションの水が不味くて飲めない。
  • レインウェアはしっかりしたものを。
  • シューズもトレラン用のものがいい。
  • 山の上は予想以上に寒い。

私の使用したハイドレーションパックはSOURCE社のWidepac/1.5lです。
パック内は臭いはないのですが、ホースの部分からゴムのような臭いがするようです。
試走では不味くて一回も飲み込むことができませんでした。
大会までに何度か使用して臭いがなくなるようにしたいと思います。

レインウェアはパタゴニアのTorrentshell Jacketです。
ゴアテックスの方がいいと思うのですが重さと堅さが気になりこちらにしました。
試走では脇の下にあるベンチレーションが効果を発揮し蒸れを最小限にしてくれました。
でも本気で走って汗をかくとやはり蒸れます。これは仕方ないと思います。

シューズはサロモンのXR CROSSMAX NEUTRAL CSです。
試走では雨が降っていたにもかかわらず足の中は最後まで濡れませんでした。
それに安定感があるので不安な道もガシガシ進んでいけました。

今回の試走ではロードのランニングと違い、トレイルランニングは装備がかなり重要だと感じました。
装備に不安がないから安心して走れる。
山の中では簡単に人を呼べないので自分でなんとかしなければならない。自己責任です。
その基本を準備していないと山に入ってはいけないのだと感じました。

あと装備で足りないものはストックとホイッスルです。
ゴールデンウィーク中に揃えてストックの練習もしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です