STYが終わって

ようやく落ち着いて報告できる気分になりました。
体の方はまだちょっとおかしなところがありますけど。
まずはUTMF/STYを完走されたみなさんおめでとうございます。
凄いです!尊敬します!
自分から見ると超人に見えます。
大会が終わってから、次は自分も完走したいという思いが日々高まっています。
そして大会スタッフのみなさん、ボランティアのみなさんありがとうございます。
充実したエイドに助けられました。
天子山塊ではスタッフの方々も寒そうでしたね。
A8の冷たい甘酒がお気に入りでした。A9の鹿カレー食べたかったな〜。次こそは!
初めてのトレイルランニング大会への参加で気づいたことがあります。
・スピードがゆっくりなので参加者同士でのコミュニケーションが生まれる
・競争ではなく一緒にゴールを目指す一体感が感じられた
・エイドや沿道での応援が熱い
・水と食料は本当に大事で補給のタイミングも大事
・トレッキングポール(ストック)は超役立つ。これのおかげで後半も進めた
・登りよりも下りで差がつく。下りのテクニックが必要
レースを振り返り個人的にきつかったのは、
・熊森山からの下り
・地蔵峠から毛無山への登り
・雨ヶ岳から端足峠までの下り
以上の3ヶ所です。
下りの2ヶ所では10回以上転びました。
雨ヶ岳からの下りでは転んだ拍子にポールが1本折れました。
毛無山への登りでは寒さで体中が震え少し頭も痛くなりました。
全身着替えて、さらにどら焼きを食べることで復活できました。
結果は本栖湖の関門にひっかかりリタイアでしたけど濃厚な体験をさせていただきました。
こんなに辛かったレースは今までないです。
中学校の部活の苦しさを思い出しました。
でも忘れられない体験です。
次回開催されるならば、STYに参加して絶対完走したいと思います!
IMG_0468-thumbnail2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です